単身引越を安く済ませる方法を教えます

就職や進学をきっかけに、一人暮らしを始める方は多いです。単身引越の際にぜひ利用したいのが、引越会社の単身向けパックです。単身向けパックとは、荷物が少ない一人暮らし用の引越しプランで、条件に応じてお得なプランがたくさんあります。荷物が少ないこと前提でのプランなので、専用のコンテナに収まる量が基準となっており、荷物の量によっては高くなってしまうこともあります。ですので、引越費用を安く済ませたいなら必要最低限の荷物となるよう工夫しましょう。また、引越先までの距離や移動にかかる時間などによってもプランが変わってくるなど、注意が必要です。単身引越を考えるなら、一括して見積もりを出してくれるサイトもあるので、サービスや条件の違いなども含め調べてみることをおすすめします。人気の業者もわかります。

単身引越を安く抑えるために知っておきたいポイント

単身引越の相場は通常の時期で35,000円から50,000円ほど、繁忙期になると55,000円から63,000円ほどといわれています。引越代金をできるだけ安く済ませたいという方にぜひ知っておいてほしいポイントがあります。まずは見積もりをいくつかとることです。単身パックなどの料金は各社異なるうえ、条件も微妙に差があり、自分にとって最も合うプランを見つけましょう。荷物は少ないに越したことはないので、家具家電などは必要かどうかわからないものを持っていくよりは引越先で調達するのがベストです。引越のタイミングも大切です。繁忙期を避けること、また時間も午後や夕方を利用することで大幅に安くすることができます。少ない荷物なら自分で運んだり、宅急便を利用したりするとよいでしょう。

単身引越の業者をうまくみつけるコツ

単身引越の業者をうまく探すには、まず引越可能な日時をリストアップし、気になる業者へ問い合わせをかけます。最安値となりそうな日を選択し見積もりをもらったら、次に気になる業者へ問い合わせ比較します。どちらか安い見積もりを参考に値引き交渉をしてみましょう。このように、一度にいくつも見積もりをとるのではなく、他社の見積もりと比較しながら値引き交渉を行っていくとうまくいきます。また、引越先の不動産会社などがキャンペーン価格で引越業者を紹介してくれることもあるので、ぜひチェックしてみてください。引越は何かと出費がかさむものです。できるところは自分で行い、最低限の依頼で済むように工夫しましょう。上手に業者探しをすることで、相場の半分程度で済むこともあります。業者によって得意分野も異なるため、業者のタイプの違いも理解しておくとよいでしょう。