単身引越の相場について解説します

もし、急な異動で単身引越をしなければいけなくなった場合、どうしても色々な事でバタバタしてしまいます。引越の準備もしなければいけませんし、引っ越し業者に依頼もしなければいけません。引越業者への見積もりは、早ければ早い方がいいにこした事はありませんが、急だと中々そういう訳にもいきません。しかもその引越時期が新学期の4月とかだと、引越業者も依頼が立て込む為、中々、お願いする業者が決まらないという事にもなり兼ねません。そして、急な引越の場合は、同時進行で全ての事をしていく必要があります。まずは、今住んでいるところの解約の手続き、そして、水道やガス、電気などの解約手続き、引越業者への見積もり依頼となります。急な異動の場合、新居は会社が用意してくれたり、会社に相談すれば会社が代わりに探してくれたりしますので、慌てずに一つずつやっていきましょう。

単身引越の相場はいくらぐらいなのか

一人暮らしの引越しとなると、荷物はそんなに多くないはずです。しかも、現在住んでいるところが家具家電付の物件だったとしたら、特に荷物も少なくなります。そして、単身引越の相場ですが、これは時期によって異なってはきますが、繁忙期でない時期であれば、4万円ぐらいで、繁忙期の時期だとプラス1万円くらいは見ておいた方がいいと思います。そして、最近では単身向けパックというサービスもあるので、そちらを活用する手もありかとは思います。この単身向けパックというのはどんなものかというと、大きさが決まったコンテナボックスに荷物を詰め込み、他の荷物と一緒に運んでもらうサービスを言います。なので、引越しの荷物と普通の宅配物が一緒に運ばれるということです。コンテナに収まらないといけない為、荷物が少ない人にはこちらのサービスはオススメです。

単身引越の安い業者を探す方法を教えます

単身引越に係わらず、引越業者を探す際、いくつかの引越業者に相見積もりを必ず取りましょう。複数の引越業者から見積もりを取ることで、一番どこが安いのかがわかります。それか、単身での引越なので、荷物を極限まで減らすのをオススメします。荷物が多いとそれだけ引越業者に対しての負担が増える事になりますから、金額も自ずと上がっていきます。例えば、必要のないものはリサイクルショップに売るとか、不要だなと思ったものはゴミとして処分していくなど、極力荷物を減らすのがいいでしょう。一番引っ越し料金を安くできるのは、やはり繁忙期の時期ではないというのが一番かなとは思いますが、急な異動の急な引越しとなるとそういう事も言っていられません。そういう時の安くする裏技は、見積もりに実際来てもらって値段交渉する事です。