単身引越の時に気を付けることを説明します

時期によっては、単身引越をされる方も多いものです。例えば、学生さんや新卒者の方は、4月に入学や入社をするので、その少し前の3月に単身で引越をする方も多いでしょう。一方、企業での辞令などが出て転勤などのために、家族と離れて単身で引越をされる方などは、転勤は秋など9月が多いですので、その前の8月の移動が多くなります。このように引越し業者にとって忙しくなる時期は決まっていますので依頼も多くなり、スケジュール的に希望した日に良い業者が見つからなくて、困ることも予想されます。多くの依頼と重ならないように、期日が決まったらなるべく早く業者探しをして、見積もりなどを各社に出して比較検討していくようにしたいものです。このように引っ越しをするタイミングによっては、時間に余裕を持って早めに依頼や手続きをすることはとても大切です。

単身引越は専用パックや業者の割引具合を比較して選ぶ

引越し料金が決まるのは、荷物の量と移動する距離が元となっていますが、単身引越だからこそ、経費もなるべく抑えて安い業者を探すことは大切です。家族数が多いと荷物も多くなりますが、単身の場合には少ないことが多いですので、より安い値段が設定されているのは当然でしょう。業者によってはそういった単身者用のパックなどがオプションとして用意されているところがありますので一度調べてみて下さい。パック割引も大きく値段がお得に設定されているものが多いですので、このサービスがある業者をメインにして、まずは探してみるのも良いでしょう。他にも時期や曜日によっては、割引が大きい業者もあります。土日祝よりも平日の方が安かったり、大安よりも仏滅の方が安かったりなどという具合です。キャンペーンを銘打った割引をしている業者もありますのでいくつかを比較検討して探します。

単身引越に最適なプランを検討する

単身引越の時には、特に学生さんの場合ですと、社会人よりもさらに割引が高い学生専用のプランがある場合もがあります。このように業者によってはプランがいろいろとありますので、ご自分に適したプランを利用して、費用をできるだけ安くしていきます。事前に見積もりを数社出すことも大切で、かなり料金が変わることもありますので、見積もりは正確な金額を出してもらいましょう。大切な物にかける保険適用のオプションや、配送する時の箱などのサービスをしてくれる業者もありますし、荷物を全部詰めてくれるようなお任せパックなどもあります。ただお任せするパックは大変便利かもしれませんが、費用面ではどうしても高くなってしまうことが多いですので、単身の引越の場合には出来るだけ自分自身での梱包プランで、普段から少しずつでも整理しておくことがお勧めです。

4LDKのお部屋からのお引越しの場合は税抜き\60,000~ご利用いただけます。 引越しの際に出る不要になったものを無料で回収している福住引越センターです。 福住引越センターは6:00~20:00までお電話でのご相談を受け付けています。 福住引越センターでは家具移動コースやピアノ引越しコースなどのコースも準備しています。 単身引越しをお考えの方は福住引越センターにお任せしましょう